ジャンク品から部品を抜き取る方法

ジャンク品から部品を抜き取る方法 現在PS3はメーカーの修理対応が終了したために、故障した場合は自力で直さなければいけません。
自力で修理をする場合は、壊れた部品を交換するためにジャンク品を手に入れる必要があります。
ジャンク品はオークションや専門の店舗で販売されており、誰でも購入することが可能です。
これらの方法で手に入れたら、ジャンク品のPS3を分解して部品を抜き取りましょう。
PS3の本体を分解するためには、一般的なドライバーと特殊なトルクスドライバーが必要になります。
分解に必要な道具を揃えたら、本体を縦置きにしたときに底面になる部分にある封印シールを剥がします
次にゴムキャップの下にある特殊ネジとHDDを止めている青いネジも外して、上蓋のカバーをスライドすればさらに多くのネジが見えるので、これらも全て外してしまいます。
最後に隅にある爪を押して持ち上げると蓋は外れるので、後は簡単にPS3の修理に必要な部品を抜き取ることができます。

PS3のジャンク品を分解するときの注意

PS3のジャンク品を分解するときの注意 PS3のジャンク品を分解するときの注意としては、手荒にパーツを抜き差ししないようにしましょう。力業というのは電子部品を扱う時には最悪の行動です。部品を取り出しにくいというような時には、まず引っかかっているものが何かをハッキリさせて、その原因を取り除くようにすることが肝要です。力業に頼るとまずパーツに余計な負荷がかかって壊れることになります。基本的にPS3の部品は精密部品で出来ているということを考えて、細心の注意を払って分解をほしていくことが必用。

基本としては、そっとするというのが全ての基本となります。ジャンク品だからといって粗悪に扱っていいわけではなく、精密機械であるということを忘れないようにしましょう。後は埃などが溜まっているでしょうから、ほこりを扇風機などで弾き飛ばしながら分解していくこともコツです、埃が入ると精密機械はすぐに動作不良を起こすので、そうした要因になりそうなものは無くしていくべきです。